ワンバウンドカベ打ち インサイド・インステップ 左右 各1000回

ワンバウンドカベ打ち インサイド・インステップ 左右 各1000回の画像

※【小学生用】ページに切り替えるときは ↓ 

小学生用のガレドリ!97級 に移動するバナー

ガレドリ!97級 へようこそ!

ガレドリ!97級は、ワンバウンドさせた浮き球をカベに向かってキックする練習。 インサイドキック・インステップキックを左右それぞれ1000回、合計4000回蹴る。

スポンサーリンク

◇ワンバウンドカベ打ち インサイド・インステップ 左右 各1000回◇

「97級」サッカー練習ドリル

この練習は1~2人でおこなう。

1人のときはキックしても大丈夫な(怒られない)カベを探す。そこに直径30cmほどの円を書いて それを目標に蹴るのだ。

平らなカベであれば 蹴ったボールは自分に戻ってくるので、1人でも十分練習できる。2人のときは相手の胸を目標に蹴る。どちらの場合も3~5mの距離をとるといいだろう。

浮き球をたくさん蹴ることで、ボールの中心を覚えよう

「浮き球を蹴る」ことは、サッカー初心者には とても有効な練習法だとドリルおじさんは考えている。

「地面に置いた球」「浮き球」のどちらでもミスキックはするけれど、置いて蹴る場合には “地面を蹴ってしまって” 痛い思いをすることが多いのだ。

とくにインステップキックは、

痛さで 恐怖心がついてしまう

ことがある。

はじめのうちはボールをミートすることに集中したほうが効果的。ミートの感覚をしっかりつかんだ上で、慣らしながら地面に置いて蹴っていく。

また、インステップキック・インサイドキックともに、確実な上達方法は繰り返して蹴る以外にない。

「1000回も…」と思うかもしれないけれど、じつはそんなに苦しくないのだ。100回ずつでも10日間で終わるし、なにより蹴っていて楽しいと感じるはず!

そして コツコツと蹴っていくうちに、いつのまにか違和感なく蹴れている自分に気づくだろう。

それではワンバウンドカベ打ちの練習ポイントを2つあげる。

  1. 足首を固定して 70%の力で蹴る
  2. 直径30cmの円(相手の胸)を目標にして蹴る

1.足首を固定して70%の力で蹴る

強くて正確なキックをするためには、足首をしっかり固定しなければならない。

野球のバットのように 足の先まで固くして蹴る。正しく固定されていれは、ボールが「ズン」という音をたてて 勢いよく飛んでいく。

また 思い切り蹴りたくなるところだけど正確に蹴ることを優先しよう。70%くらいの力加減がちょうどいい具合。

足の芯にしっかりとあたれば、リキまなくてもキレイにボールは飛んでいく。

2.直径30cmの円(相手の胸)を目標にして蹴る

サッカーは自分の狙った場所にボールを蹴れなければならない。

この基本ができないと、シュートどころかパスをつなぐこともできないのだ。だから、ボールを蹴るときには 普段から直径30cmの円を想像して そこを狙って蹴る習慣をつけよう。

スポンサーリンク

「97級」練習方法

それでは頑張って練習しよう。

下の動画は「ワンバウンドカベ打ち インサイドキック

下の動画は「ワンバウンドカベ打ち インステップキック

映像では左右15回程度しか蹴ってないけれど、それぞれ1000回になるまで繰り返してトライしよう。

「97級」クリア条件

ワンバウンドカベ打ち 合計4000回できたらクリア!(距離3~5m)

  1. インステップキック(左足)1000回
  2. インステップキック(右足)1000回
  3. インサイドキック(左足)1000回
  4. インサイドキック(右足)1000回

どのキックから始めても かまわないし、何回ずつ練習するのかも みんなの自由。

1日100回ずつなら40日間(100回×40日=4000回)だし、200回ずつなら20日間で終わる。楽しいから すぐ終わるよ ^o^

「97級」所要時間、練習回数

  • 所要時間は1回あたり15分
  • 練習回数は1週間に3回ぐらい

97級ドリルを消化することで「サッカーボールを蹴ること」に違和感や ぎこちなさはなくなるだろう。

「カラダで身につける感覚」は ある程度の繰り返し練習が必要だ。でも 4000回蹴り終わった みんなは すでにキックの心地良さに気づいてしまったハズ。

もはや サッカーをやめることはできない

【小学生用】ページに切り替える? ↓ ↓

小学生用のガレドリ!97級 に移動するバナー

(ガレドリ!97級 おしまい)

スポンサーリンク

ガレドリ!メニューに戻る