自分担当の相手に1対1の守備で負けてはならない

自分担当の相手に1対1の守備で負けてはならないの画像

※【小学生用】ページに切り替えるときは ↓ 

小学生用のガレドリ!89級 に移動するバナー

ガレドリ!89級 へようこそ!

ガレドリ!89級は1対1の守備について。

スポンサーリンク

◇自分担当の相手に1対1の守備で負けてはならない◇

本当に1対1が強い人とは?

ここ数年、小学生の試合を観ていて気になることがある。全体的にどの子も1対1の守備が弱い。。

日本人が1対1に弱いのは 今に始まったことではないけれど、ドリルおじさんが気になるのは 1対1の守備だけが とくに弱い点。

ドリルおじさんの経験上、1対1が本当に強い人というは「1対1の攻撃」「1対1の守備」の どちらも強いもの。

ところが最近は、1対1の攻撃力がレベル85もあるのに、守備力はレベル40という子をよく観るのだ。とてもアンバランスな状態だといえる。

「相手をドリブルで抜くのが上手い子は、相手のドリブルを止めるのも上手い」がドリルおじさんの常識だけど、今の時代は違うらしい。

ゾーンディフェンス(自分の受け持つゾーンに侵入してきた相手選手に対して 守備をおこなう戦術)を採用しているために、自分1人が本気で守らなくてもいいと考えているのか

それとも、監督がチーム全体で守ればいいと指示しているのかはわからないけど、とにかく「1対1の守備」が弱すぎる印象だ。

チームの方針で「攻撃陣は攻撃だけ、守備陣は守備だけ」などの役割分担があるのだとしたら、ぜひ考え直してほしい。

サッカーは、1つのボールを追いかけ回すスポーツ。

片方がボールを持ったら、もう片方はボールを奪(うば)いにいくスポーツなのだ。必ず ボールには相手の1人と味方の1人が集まるようになっている。

つまり、

サッカーは

1対1から始まる

ゾーンディフェンスだろうがマンツーマンディフェンスだろうが、攻撃陣だろうが守備陣だろうが、結局は 1対1を避けられない!

だから、ドリルおじさんは声を大にして言いたい。

サッカーの基本は 1対1の強さ!

1対1を 鍛えて、鍛えて、鍛えて、鍛え続けて、その次に 2対2、3対3…、そして11対11になって、いよいよゾーンディフェンスなどの戦術の話になるのだ。

そして 1対1の強さは、「1対1の攻撃」「1対1の守備」の 両方ともに強くなければいけない。

先ほども書いたけど、戦術でいくらごまかしても 結局は1対1を避けられないからだ。「①攻撃、②守備、さらには ③ルーズボール」の どの局面で1対1になるかは調整できない。

「1対1の攻撃」しか できないのは半人前

「1対1の守備」しか できないのは半人前

目の前に向き合った相手選手には、どんな状況でも負けてはならない。

相手選手がドリブルで向かってきたら けっして突破されてはならないし、自分がボールをキープしていたら最低限、ボールをキープし続けなければならない。また、ルーズボールは なんとしてもマイボールにする努力をする。

このような人を「本当に1対1が強い人」と呼ぶのだ。

1対1の攻撃力レベル100守備力レベル100ルーズボールの獲得力レベル100、オール100を目指そう!

スポンサーリンク

◇自分担当の相手に1対1の守備で負けてはならない◇

「89級」サッカー練習ドリル

このドリルは 2人でおこなう。

自分と同じレベルか、可能ならば自分より少し上手い人と練習するのが効果的だ。想像以上に疲れるので、チーム練習の空き時間10分もあれば十分。

「89級」練習方法

1対1の練習方法の画像

図ではネットになっているけど、ゴールはコーンでもなんでも かまわない。キーパーがいないので ゴールの幅は狭い(1~2mくらい)ほうがいいだろう。

【1対1ゲームのルール】

  1. ボールを持っている人は 相手ゴールを目指す
  2. ボールを持っていない人は 相手からボールを奪う
  3. お互いの得点・失点を競う

この練習はとてもシンプル。人によっては 似たような遊びをしたことがあるかもしれない。チームで すでに練習している内容かもしれない。

そう、じつは サッカーで遊んだ経験のある子なら、一度は試してるハズの単純なゲームなのだ。

ドリルおじさんは、この1対1ゲームをできることなら 練習のたびにしてほしいと考えている。1回10分で かまわないので、それを100回でも300回でも繰り返して 続けてほしい。

そして あるとき気づくことになる、

もう 1対1で抜かれる気がしない!

自分1人でゴールを守らなければならないからこそ、抜かれないように本気で頑張れるのだ。

その経験が どんどん蓄積されていって、相手の攻撃パターンに対して、カラダが勝手に反応するようになる。

1対1の強さは、1対1の経験数の差でしかない。

89級ドリルでは、「1対1の強さ」の本当の意味と 大切さを理解するだろう。1対1が強いことはサッカー選手の一番の憧(あこが)れなのだ。だからこそ、

本当の強さを手に入れよう!

【小学生用】ページに切り替える? ↓ ↓

小学生用のガレドリ!89級 に移動するバナー

(ガレドリ!89級 おしまい)

スポンサーリンク

ガレドリ!メニューに戻る