スポット(人がいない土地)探しを習慣づける-【小学生用】

スポット(人がいない土地)探しを習慣づける-【小学生用】の画像

※【小学生用】ページはくわしい説明文を省略
一般ページに切り替える
◇スポット(人がいない土地)探しを習慣づける-【小学生用】◇

「70級」サッカー練習ドリル

70級ドリルでは「スポット」が目に見えないゴールへの近道だと気づく。

サッカーセンスと片づけられることの多いスペースの活用力だけど、基準を作れば かなり理解しやすくなるのだ。

スポンサーリンク

スペース、ギャップ、スポットの違いを理解する

まずはこれら3つの用語をしっかり理解しよう。3つともサッカーフィールド内で「自由にプレーできる場所(人がいない)」のことを指している。

  1. スペース (場所、空間)
  2. ギャップ (すきま)
  3. スポット (土地、地点)

1.スペース

サッカーで「自由にプレーできる場所(人がいない)」を指す場合、よく使われる表現は「スペース」だろう。「広がってもっとスペースを作れ」「裏のスペースに走れー!」などと使う。

スペース説明の画像

「スペース」の特徴(とくちょう)は、広いスペースも狭いスペースも1つのスペースと考えること(サイズが決まってない)。そのため広いスペースに目が向く傾向にある。

【スペース】

  • 自由にプレーできる場所(人がいない)
  • その他の条件なし

2.ギャップ

相手ディフェンスと相手ディフェンスのすきまの「自由にプレーできる場所(人がいない)」を、サッカー用語で「ギャップ」と呼ぶ。「ギャップに入れ!」「ギャップを通して(パスなど)」などと使う。

ギャップ説明1の画像

もう1つの例。

ギャップ説明2の画像

「ギャップ」の特徴は、相手ディフェンス陣のすきまに限定した「自由にプレーできる場所(人がいない)」を指すこと。広いギャップも狭いギャップも1つのギャップと考える(サイズが決まってない)

【ギャップ】

  • 自由にプレーできる場所(人がいない)
  • 相手ディフェンス陣のすきまに限定した場所

3. スポット

スポット説明の画像

3つ目の「スポット」、じつはこのようなサッカー用語は存在しない。ドリルおじさんが作った言葉なのだ。

スポットを日本語に訳せば 土地・地点だけど、ガレドリ!内では「スポット」を次のように定義して(決めて)使うこととする。

スポットとは、

直径5mの円の「自由にプレーできる場所(人がいない)」

「スポット」の特徴は、直径5mの固定サイズの円でフィールド内に何十個も存在すること。例えば、上のスポットA・B・Cは並んでいても別の土地だ。

【スポット】

  • 自由にプレーできる場所(人がいない)
  • 直径5mの円を1つのサイズと考える

「70級」練習方法

70級ドリルのポイント

  1. 自由にプレーできる場所(人がいない)を探すときは、
  2. スペース・ギャップではなく、スポットで探そう!
  3. スポットが 直径5mの円である理由は、
  4. ボールを受ける人が安全にプレーできる広さだから
  5. パスを「出す人と受ける人」どちらもプレーしやすくないと
  6. ゴール前までボールをつなげない!
  7. 直径5mの円より狭くなると、
  8. ボールを失いやすくなって 無理な攻めになるのだ
  9. 仮に 直径5mの円の中でボールを受けて ボールキープできないなら
  10. まだまだボールキープのスキルが足りない
  11. 1対1の強さを84級89級徹底的にトレーニングしよう
  12. さてさて、
  13. スポットを使いこなせると相手は守りようがない!
  14. なぜなら スポットは、
  15. フィールド内にゴロゴロと転がっているからだ!!

どう守ってもスポットは消えない!の画像

オフサイドスペースを「ナシ」で考えたとしても、

「スポット」を相手11人で 消し切るのは面積的に無理!

スポットを攻撃で使いこなせると、相手にカンペキな防御策はないよ。

だから、なんとしてもスポットを瞬時に発見できるカラダ(目)にしよう! カラダ(目)でスポットを覚えないことには使いこなせない。

そのために普段からフィールドをスペースで見るのではなく、スポットで見るように習慣づけよう!

【スペースで見ると選択肢が少なく感じる】

スペースで見ると選択肢が少なく感じるの画像

【スポットを瞬時に発見できるカラダにする】

スポットを瞬時に発見できるカラダ(目)にするの画像

広さや空間的な感覚は一度覚えると忘れない。みんなのサッカー人生で たくさん活用できる場面がくることだろう。

スポットの説明がむずかしく感じただろうけど、ドリル自体はシンプル。

練習中、試合中、またプロサッカーのTV中継などで、スポットを発見できるか たくさん試そう。そして それを習慣にできればクリア

そのスポットをどのように活用するかは60級59級、42級などで解説していく。まずはスポットが見えなければ、使いこなせない。

「スペース」ではなく「スポット」を探す

「スペース」ではなく「スポット」を探すの画像

スポットの考え方は上手いサッカープレーヤーは、みんなカラダで理解してる。

「絶妙なタイミングで飛び出してヘディングした」「足元にピタリとスルーパスを通した」などは、スペースに走り込んだり、スペースにパスを出してるのではない。

そこしかない「スポット」に合わせている!

一般ページに切り替える ↓ ↓(くわしく読みたい人用)

ガレドリ!70級のくわしい説明(一般ページ)に移動するバナー

(ガレドリ!70級 おしまい)

スポンサーリンク

ガレドリ!メニュー【小学生用】に戻る