ループ(内・中・外) 左右6パターン 各10回

ループ(内・中・外) 左右6パターン 各10回の画像

※【小学生用】ページに切り替える時は ↓ 

小学生用のガレドリ!61級 に移動するバナー

ガレドリ!61級 へようこそ!

ガレドリ!61級は、サッカーキック『決め技3つ』に含まれている 「ループ」について。決め技3つのなかでも、とくに空間を有効活用できるキック。

スポンサーリンク

◇ループ(内・中・外) 左右6パターン 各10回◇

ループは、なぜ必要なのか?

『決め技3つ』自体の解説は、75級の「アウトフロントキックは、なぜ必要なのか?」を読んでほしい。

「ループ」の直訳は輪(わ)だけど、サッカー用語では「相手の頭を越していく 山なりボール」のことを指す。

キーパーの頭上を越す30mロングシュートもループシュートと呼んだりするけれど、ガレドリ内では もう少しせまい意味で使うことにする。

ループとは、

相手の頭を越していく 10m以内 の山なりボール

857867568787651

ドリルおじさんが「10m以内」と決めたのには、次のような理由がある。

一般的に、山なりボールを蹴る場合には 85級「インフロントキック」が適しているけど、このインフロントキックの弱点が、10m以内の距離においては 山なりボールで頭を越すことができない点。

677688987

地面に静止したボールの場合、かなり柔らかい天然芝でもないかぎりは プロサッカー選手でも難しいはず。

74588991

仮に越せたとしても、今度は強く蹴りすぎて、味方選手のはるか向こうへ飛んでいってしまう。

また、チップキックでも できそうに感じるだろうけど、キックの軌道はインフロントと同じなので 大差ない(上図「への字」のようなボールの軌道になる)。

けれども、

ボールは自由自在に あつかえなければならない!

そのために「インフロントキック」の弱点を「違うキック」で補う必要がある。

それが ループ!

857867568787651

【山なりボールは距離で使い分ける】

※地面に置いたボールの場合

  • 10m以上 → インフロント
  • 10m以内 → ループ

ちなみに 10m以内の距離では、ループ以外に蹴る手段がない。10m以内でそれを実現するためには、ループのスキルが必須なのだ。

だから、ドリルおじさんは 何がなんでもループを習得してほしいと願う。サッカーを有利に展開するための重要スキルだと自信をもって言えるのだ!

「フットサルじゃないから使わないって」とか「グラウンダー(ゴロ)のパスで十分だから」などの声に どうか惑わされないでほしい。

「サッカー」だろうが「フットサル」だろうが、「グラウンダー(ゴロ)」だろうが「ループ」だろうが、たくさんある選択肢の中から最善のプレーを選ぶべき。

選択肢は 多いほうがいい!

下の6パターンの「ループ」動画を習得したときに気づくはず。ワクワクするほど、選択肢が増えていることに。

しかも 75級で触れたとおり、ループはノーモーション(余計な準備動作がない)で蹴られるため、相手は わかっていてもディフェンスしにくい。

「決め技」の1つを選択肢にもつことで、相手とのカケヒキにおいて 圧倒的な余裕を実感するだろう。

見える、

相手の対応しにくい 空中のパスコースが!

ソコにも ココにも。。

スポンサーリンク

ループを習得する 最大の効果は?

ループを使わなくてもサッカーはできるし、習得しなくても それほど問題ないと感じる人もいるだろう。

けれども、ループを習得した人とそうでないと人では、プレーに決定的な違いが出るとドリルおじさんは考えている。

ループを習得する過程で、

強制的サッカーを空間で考えられる

サッカーの天井は高い。誰も守れない空間が たくさんあるのだ。

けれども そのことに気づけない(見えない)プレーヤーが大勢いる。もしくは気づいていても、上げるスキルがないために 活用できない。

空間的なサッカースキルを「センス」という人もいるけど、ドリルおじさんはそう思わない。その空間を活用するためのツール(道具)やキッカケを与えられてないだけ。

ツール(道具)の1つである ループを練習していく過程で、相手の頭上の空間を意識し続ける効果は大きい。

そして 繰り返していくうちに、「強制的に…」が「無意識に…」へと変わるときがくるだろう。

ループを習得すると、

無意識サッカーを空間で考えられる

ループのスキルは 実戦でどう使うか?

さて、ここまで「頭上の空間」「頭上の空間」と強調してきたけれど、頭上を越すループの機会は みんなの想像どおり、実戦では それほど多くない。ガーン・・笑。

しかし、

ループのスキルは、それに近いケースで たくさん活用することになる。下図でわかるとおり、たしかに実戦では「頭上の空間」の使用確率は5%程度だろう。

567756776763

けれども、「相手のヒザから頭までの空間」では 20%くらいの使用確率に跳ね上がる。じつに パス5回中1回は活用することになる。

「頭上の空間」を無意識に考えられるまでになると、「相手のヒザから頭までの空間」は もっと簡単に使いこなせる。

そして、空間の使用確率も20%と まあまあ高いことから、この空間を使いこなせると違いを生むサッカープレーになることが多い!

実戦では「頭上の空間」を通すループパス自体は少ないけど、

ヒザから頭までの空間で ループの感覚 が大活躍する!

サッカーは手を使えないスポーツ。だから サッカー選手にとって胴体の両サイドが急所になるのだけれど、上手いプレーヤーというのは、やはりこの空間を巧みについてくるものなのだ。

75675666675676769

「相手胴体の横(②③)あたりに 浮かせたパスを通す」「ノーモーションで30cmだけボールを浮かせて(②③) 相手を抜いていく」「走り込んできた味方の頭に合わせるために ループ(インフロント)でフワリと浮かせた(④⑤)ボールを入れる」など、

あらゆる場面で空間を活用する。サッカーとは、単調なグラウンダー(⑥)のプレーだけでは解決できないゲームなのだ。

上手いプレーヤーは、

ボールを浮かせるループの感覚をフル活用して

人と違うサッカープレーを 作り出す!

◇ループ(内・中・外) 左右6パターン 各10回◇

「61級」サッカー練習ドリル

この練習は1~2人でおこなう。

1人のときは キックしても大丈夫な(怒られない)カベを探そう。そこに直径30cmほどの円を書いてそれを目標にする。

2人のときは 相手の胸を目標にする。どちらの場合も3~5mの距離をとるといいだろう。

61級の練習ポイントは次の3つ。

  1. 蹴るのではなくて 「乗せて押す」
  2. カラダの向きは変えない!
  3. ボールは「受け手の胸」を的にして 正確に蹴る(乗せて押す)

1.蹴るのではなくて「乗せて押す」

6パターンの「ループ」は蹴るのではない。インフロントよりも さらに高く上げる必要があるため、足に乗せて上げる以外に方法がないのだ。

それを一瞬でおこなうために 蹴っているように見えるけれど、「①乗せて」「②押す(上げる)」が正しい表現。

手の感覚で言い換えれば、「下に置いたサッカーボールを手のひらですくって、そのまま上に放り投げる」イメージ。これだと「自分の頭の上にボールを上げられる!」と誰でも想像できるだろう。

この手の感覚のように、足の6箇所でも それをできるようにする。

最終的には(大人までには) 10mの距離まで できるのが目標だけど、ここでは3~5mをしっかりコントロールできるまで 繰り返し練習しよう。

2.カラダの向きは変えない!

「ループ」を使いこなすためには、どんな体勢からでも ノーモーション(余計な準備動作がない)で ボールを上げる必要がある。

5464356756676676

カラダの向きを変えずにループするよう意識すると、6パターンで180度すべてに振り分けられるのだ。

この図を意識して、下の6つの動画を観てみよう。

3.ボールは「受け手の胸」を的にして 正確に蹴る(乗せて押す)

この練習のいい点は、受け手がミスキックを取ってくれて ストレスが少ない点だけど、それに甘えず しっかり「胸をゴール」と定めて蹴る(乗せて押す)。

また「6~7回続くからもうイイや」といって「61級クリア!」としてしまう子もいるだろうけど、、それは まだ習得したとは いえない。

10回繰り返しても ミスしない程度の正確性が必要だからドリルにしている。連続10回できるまで 精度を高めよう!

それでは、6パターンの「ループ」を動画で確認していこう。

①左足 インステップのループ- 10回
②左足 インフロントのループ- 10回
③左足 アウトフロントのループ- 10回
④右足 インステップのループ- 10回
⑤右足 インフロントのループ- 10回
⑥右足 アウトフロントのループ- 10回

「61級」練習方法

①左足 インステップのループ- 10回

真正面を向くように意識する。

②左足 インフロントのループ- 10回

画面の右を向くように意識する。

③左足 アウトフロントのループ- 10回

画面の左を向くように意識する。

④右足 インステップのループ- 10回

真正面を向くように意識する。

⑤右足 インフロントのループ- 10回

画面の左を向くように意識する。

⑥右足 アウトフロントのループ- 10回

画面の右を向くように意識する。

「61級」クリア条件

誰かが見ている前で、ループ(内・中・外) 左右6パターン 各10回 できたらクリア! 逆足(利き足の反対)は 難しく感じるだろうけど、繰り返し頑張ろう。

また それぞれ10回連続できるまで、何度でもトライしよう。

61級ドリルでは、ループの必要性をしっかり理解するだろう。

ループができなくてもサッカーはプレーできるけど、ループもできるから 上手いプレーヤーへと一段上がるのだ。

キミは また1つ 決め技を手に入れた!

【小学生用】ページに切り替える? ↓ ↓

小学生用のガレドリ!61級 に移動するバナー

(ガレドリ!61級 おしまい)

スポンサーリンク

ガレドリ!メニューに戻る