インステップちょんちょんでリフティング 左右 各200回

インステップちょんちょんでリフティング 左右 各200回の画像

※【小学生用】ページに切り替える時は ↓ 

小学生用のガレドリ!57級 に移動するバナー

ガレドリ!57級 へようこそ!

ガレドリ!57級は、リフティングに『インステップキック』『ちょんちょん』『左右それぞれ』という 3つの条件をつけた練習。

スポンサーリンク

◇インステップちょんちょんでリフティング 左右 各200回◇

「57級」サッカー練習ドリル

一般的に「リフティングができる!」という場合、たいていは このインステップキックのことをいう。たしかに難しく感じるし、素人がちょっと試したくらいでは できない。

そして サッカーにおいて とても重要なキックでもあるため、リフティング≒インステップキックとなっているのも うなずける。

ドリルおじさんは このインステップキックのリフティングでは、2つの技術を習得してほしいと考えている。

  1. 無回転でボールの真ん中をしっかり蹴り上げるインステップ(66級)
  2. 足先でちょんちょんボールを蹴り上げるインステップ(57級)

この2つを区別せずに「インステップリフティング」というのが一般的だけど、ドリルおじさんはこの2つは まったく別の技術だと考えている。

試しに、66級か57級のどちらかに限定してリフティングしてみてほしい。片方しかできない場合が じつに多いのだ。

ドリルおじさんは不必要な練習はしないと考えるタイプだけど、この2つはどちらも大事で意味のある練習。だから66級とこの57級は別々に習得しなければならない。

さて 57級のちょんちょんインステップキック、これは足の親指と人差し指、中指の3本指の付け根あたりでボールを真上にちょんちょんと蹴り上げる。主にドリブルや浮き球のトラップ時にこの技術を用いる。

だからドリブルのボールタッチやトラップ時のボールコントロールをイメージして、57級を練習しないと意味はない。

ドリルおじさんは、特に「片足でのちょんちょんリフティング」がドリブルをするうえで重要なスキルだと考えている。

「片足での…」というところがポイントで、正直「両足を使った ちょんちょんリフティング」は 実戦ではあまり活用できないスキルなのだ。

実戦のドリブルは たいていの場合、左右交互にボールタッチすることはない。

片方の足(利き足の場合が多い)で連続して2タッチ、3タッチしながら相手を惑わせるようにドリブルしているものだ。

72級でも解説したとおり、例えば右足で連続ボールタッチするためには 2つの感覚が必要。

  1. 「正確にボールタッチする」右足の感覚
  2. 「右足を支えている」左足のバランス感覚

サッカーのボールコントロールでは両足とも地面についていることは ほとんどない。右足がボールを扱い、左足が右足(カラダも)を支えている。

だから、この2つのことを同時におこなえないと、自由自在にドリブルすることができないのだ。

ドリルおじさんが「片足でのちょんちょんリフティング」をぜひ習得してほしいのは上の2つ目の感覚、「右足を支えている」左足のバランス感覚が ドリブルには特に重要だと考えているため。

試しに「メッシ ドリブル 動画」などで検索して 動画を確認してみてほしい。

ヘビのようにクネクネと左右に動く左足で相手を巧みにかわしていくあいだ、しっかりと右足でカラダのバランスをとっているのが確認できるだろう。浮いている左足を支えているのは常に右足1本なのだ。

片足のちょんちょんリフティングは、

自由自在なドリブルに欠かせない「軸足トレーニング」

このドリルの注意点だけど、

ドリルおじさんは小学4、5年生が取り組む練習としては少し時期が早いと思う。理由は軸足にかなりの負担が かかるため。200回の大半の時間を軸足で支え続けるには それ相当の筋肉が必要なのだ。

小学6年生・中学1年生からでも遅くないので あせらないほしい。ただし、中学校卒業までにはクリアしたほうがいいだろう。

57級の練習ポイントは次の3つ。

  1. ボールは真上に同じ高さまで 蹴り上げる(正確性)
  2. ボールは無回転で中心を蹴り上げる(正確性)
  3. 蹴り足はできるだけ地面につけない(軸足のバランス力)

スポンサーリンク

「57級」練習方法

それでは頑張って練習しよう。

下の動画は「インステップちょんちょんでリフティング 左足200回

下の動画は「インステップちょんちょんでリフティング 右足200回

「57級」クリア条件

誰かが見ている前で、インステップキックのリフティング(ちょんちょん) 200回できたらクリア! 両足とも できないと57級クリアにならない。

「57級」所要時間、練習回数

  • 所要時間は1回あたり15分
  • 練習回数は1週間に3~5回ぐらい

この57級ドリルは、ボールタッチを自由自在にするための欠かせない練習。

逆足(利き足の反対)は相当苦労するだろうけど、あきらめないでほしい。左右ともクリアしたときに きっとカラダで予感するはず、

ドリブルの自由自在が手に入りそうだ!

【小学生用】ページに切り替える? ↓ ↓

小学生用のガレドリ!57級 に移動するバナー

(ガレドリ!57級 おしまい)

スポンサーリンク

ガレドリ!メニューに戻る