インステップキック 2種類(ゴロ、シュート性)利き足-【小学生用】

インステップキック 2種類(ゴロ、シュート性)利き足-【小学生用】の画像

※【小学生用】ページはくわしい説明文を省略
一般ページに切り替える
◇インステップキック 2種類(ゴロ、シュート性)利き足-【小学生用】◇

「50級」サッカー練習ドリル

ガレドリ!50級は、2種類のインステップキックを けり分ける練習。

チカラまかせに けりがちなインステップキックだけど、「弱く」「低く」「まっすぐ」なゴロのキックを習得してから「強く」「低く」「まっすぐ」な シュート性のキックにチャレンジしよう!

スポンサーリンク

「50級」練習方法

50級ドリルのポイント

  1. インステップキックの「基本形」は ゴロ!
  2. そして「応用形」が シュート性のキックだ
  3. チカラいっぱい けりたい気持ちは わかるけど、
  4. あせる必要はない!
  5. ①ゴロ → ②シュート性順番でしっかり習得しよう
  6. ゴロとシュート性のキックは、足の角度に少ししか違いがないので、
  7. ゴロをしっかりと けられるようになれば、
  8. シュート性のキックも すぐ けられるようになる!

この練習は1~2人でおこなう。1人のときはキックしても大丈夫な(怒られない)カベを探そう。

平らなカベであればけったボールは自分に戻ってくるので、1人でも十分練習できるの画像

そこに直径30cmほどの円を書いて それを目標にける。2人のときは相手の足を目標にける。どちらの場合も7m~15mの距離をとるといいだろう。

それでは頑張って練習しよう。

下の動画は「インステップキック 2種類(利き足)

【ゴロのチェックポイント】

  • ゴロのキックキレイな縦回転で ける
  • 強制的にゴロにするには、縦回転の意識が大事!

【シュート性のチェックポイント】

  • シュート性のキックは、ムリにボールを浮かせる必要なし!
  • 映像では、ゴロとシュート性を比較しやすいように
  • 小次郎が意識的に 浮かせて けっているけど、
  • 縦回転しないで まっすぐ けれていればOK

「50級」クリア条件

インステップキック(10m)の利き足で、「ゴロ」「シュート性」の どちらも正確に けることができたらクリア!

一般ページに切り替える ↓ ↓(くわしく読みたい人用)

ガレドリ!50級のくわしい説明(一般ページ)に移動するバナー

(ガレドリ!50級 おしまい)

スポンサーリンク

ガレドリ!メニュー【小学生用】に戻る