トスからのインサイドダイレクト(6m)左右 各15回

トスからのインサイドダイレクト(6m)左右 各15回の画像

※【小学生用】ページに切り替える時は ↓ 

小学生用のガレドリ!30級 に移動するバナー

ガレドリ!30級 へようこそ!

ガレドリ!30級は、トスボールをインサイドキックで投げ役に蹴り返す練習。6mの距離を測っておこなう。

スポンサーリンク

◇トスからのインサイドダイレクト(6m)左右 各15回◇

「30級」サッカー練習ドリル

このドリルは87級の続きなので、3mの距離をマスターしてから取り組もう。

また 30級を始めるまえに、87級内の「インサイドキックに求められる正確性の基準」を しっかり意識し直そう。

6m以上の「トスからの・・ドリル」は 難しい

さて、インステップダイレクト(86級)内でも触れているとおり、6mという距離は一般的に難しい。

もしかすると「みんなのチーム監督・コーチでさえ(15回連続は)できない可能性がある」くらいムズイのだ。

県大会で優勝するかどうかレベルのドリルおじさんの卒業した高校でも、できないチームメイトが 当時たくさんいた。

だから、だいたい そのくらい難しいモノと理解していい。

6m以上になると 大人でも できない人が多い!

「それじゃあ、小学生にはムリだよ…」「むずかしすぎて、、やる気が出ないよー」と あきらめの声が聞こえそうだけど、心配しないで・・笑。

小・中学生にも 十分できる!

できない大人も大勢いるだけ。その できない大人を見本にするから、みんなも できなくなってしまうのだ。

だから、基準をガレドリ!に合わせて「サクッ」とクリアしてほしい。小次郎だって小学生でクリアしたし、ドリルおじさんも中1には できていた。子ども・大人の区別なく、練習すればできる!

なにより、できなきゃ困るでしょ (^^ 。

6メートルくらいの

ダイレクトシュートを

狙ったところに蹴られないようでは、

決まるシュートも決まらないよ。。

と ココまで、

6mについて クドく キビシめに説明してきたのは、この「3mと6m」の距離に「サッカー技術の確かな差」を感じているから。

3mだと かなりの人がクリアするのに 6mになるとトタンに脱落する、ほどの確かな差。圧倒的な差。

だから、6mの距離まで しっかりクリアできたなら、ドリルおじさんは 次のように言い切れるのだ。

大人を合わせた中でも

きみのサッカー技術は 確かだ

ぜひ あきらめないで、イヤ なんとしても 6mのカベ(30級)をクリアしてほしい!

ここまでの部分で注意点を1つ。ドリルおじさんの経験上、6mで脱落する人がよく言うセリフをあげておく。

  • だんだん できるようになるでしょ
  • 今はまだ できなくていいや!高校に入ったら練習するよ
  • 6mとか必要ないよねー

とくに多いのが「だんだん できるようになるでしょ」だ。残念ながら、、時間が経ってもできるようにはならない。いま練習した人が上手くなっていくだけ!

スポンサーリンク

「30級」の練習ポイント3つ

  1. ボールは「投げ役の胸」を的にして 正確に蹴る
  2. 70%の力でしっかり蹴る(足にあてるだけではダメ)
  3. ボールの真ん中を狙って、できるだけ無回転で蹴る

1.ボールは「投げ役の胸」を的にして正確に蹴る

胸を的にして正確に蹴られるよう意識しよう。

この練習のいいところは、投げ役がミスキックを結構取ってくれて ストレスがないことだけど、それに甘えずにちゃんと胸をゴールだと意識して蹴ろう。

2.70%の力でしっかり蹴る(足にあてるだけではダメ)

キックはアテるのではなく、しっかり蹴ることを意識しよう。

15回をとにかくクリアしようと考えると、投げ役に戻すことを優先してしまうけど、それだと練習の意味がない。

この練習は「6mのダイレクトシュート」練習なのだ。シュート体勢を意識しないと、本番でも蹴られない。

3.ボールの真ん中を狙って、できるだけ無回転で蹴る

キックに変なクセをつけずに、無回転で蹴ることを意識しよう。まっすぐの縦回転はOK

ボールは真ん中をミートしないと回転が かかる。蹴るたびに違う回転が かかっているようでは、正確に蹴れているとはいえない。

いずれはカーブやシュート回転も必要になるけれど、基本はストレート。ストレートをしっかり蹴られるからこそ カーブの加減も つかめるのだ。

3つのポイントを確認してきたけれど、じつは「距離6m…」系のドリルには、もう1つ隠れた練習ポイントが存在する。それは、

トスする人もタイヘン・・笑

距離を測って 実際に投げてみるとわかるけれど、6mを正確にトスするのも意外と難しいのだ。

お父さんやお兄ちゃんの6mトスは、結構コントロールミスするはずだから 許してあげようね! (^o^)

「30級」練習方法

それでは頑張って練習しよう。

下の動画は「トスからのインサイドダイレクト(6m)左足15回

下の動画は「トスからのインサイドダイレクト(6m)右足15回

「30級」クリア条件

6m離れて誰かにトスしてもらい、インサイドキックで左右それぞれ連続15回、正確に返すことができたらクリア!

左右別々のクリアでもOKだけど 両足ともできないと30級クリアにならない。

「30級」所要時間、練習回数

  • 所要時間は1回あたり15分
  • 練習回数は1週間に2回ぐらい

30級ドリルでは、「3mと6m」の距離の違いで 技術の差がとても大きいことを理解するだろう。

そして ココが「みんなの脱落しやすいポイント」なのだから、そのカベを乗り越えたときの目立ちっぷりは、ハンパないのだ。

【小学生用】ページに切り替える? ↓ ↓

小学生用のガレドリ!30級 に移動するバナー

(ガレドリ!30級 おしまい)

31級にもどる | 29級にすすむ

スポンサーリンク

ガレドリ!メニューに戻る