ゲームでシュート100本決める(試合・練習もOK)-【小学生用】

ゲームでシュート100本決める(試合・練習もOK)-【小学生用】の画像

※【小学生用】ページはくわしい説明文を省略
一般ページに切り替える
◇ゲームでシュート100本決める(試合・練習もOK)-【小学生用】◇

「15級」サッカー練習ドリル

ガレドリ!15級は、ゲーム(試合)でシュートを100本決める練習。

もちろん1試合で決めるゴール数ではなく、合計100ゴール(得点)になるまで コツコツとカウントしていく。

このドリルに取り組むことで、得点感覚をグングンみがくことになるだろう。サッカープレーの上手い人が 得点能力も高いとは かぎらない。

よく得点する人が 得点能力の高い人 なのだ

スポンサーリンク

「15級」練習方法

16級の3つの選択をしっかりと意識するために「16級の100アシスト」と「15級の100ゴール(得点)」は 同時にすすめよう。

15級ドリルのポイント

  1. チームの試合数にもよるけど、100ゴール達成まで1~2年かかるだろう
  2. ゴール(得点)数を100まで数えていく3つの理由
  3. ゲーム(試合)で取る1点は シュート練習100点分価値があるため
  4. ノートに書き足していくことで ゴールへの意識が高まるため
  5. 繰り返し練習(ゴール100回)は どんなスキルにも必要なため

本当の得点感覚というのは、ゲーム(試合)の中でしか きたえられない。相手が必死に守っている状態からゲットする1点にこそ 価値があるのだ。

また、毎試合後にゴール数をカウントする この習慣には、「ゴールへの意識」を忘れないというメリットもある。

【対象とするゲーム】

  1. チームの公式戦
  2. チームの練習試合
  3. チーム内の紅白戦
  4. チーム内の4対4~のゲーム
  5. そのほか交流戦などの4対4~のゲーム

理想は1と2だけをカウントすることだけど、試合に出てないケースもあるだろう。3、4、5をカウントしても まったく問題ない。大切なのは、

100ゴールまで追い続けること!

注意点は、あまりにレベルが違いすぎている試合をカウントしないこと(17対0で勝つような試合など)

参考までにノートのカウント例をあげる。「正」をゴールのたびに足していくだけ。スタートした日付だけは忘れずに書いておこう。

オレのゴール数を数えていくよの画像

「15級」クリア条件

ノートに「正」の字が20個ついたら(100ゴール)クリア!1年以上かかることもあるので、忘れないようにゴールしたらその日のうちに書き込もう。

一般ページに切り替える ↓ ↓(くわしく読みたい人用)

ガレドリ!15級のくわしい説明(一般ページ)に移動するバナー

(ガレドリ!15級 おしまい)

【小学生用】 16級にもどる | 14級にすすむ

スポンサーリンク

ガレドリ!メニュー【小学生用】に戻る