サッカーシューズは2つ(硬い用・柔らかい用)を使い分ける-【小学生用】

サッカーシューズは2つ(硬い用・柔らかい用)を使い分ける- 【小学生用】の画像

※【小学生用】ページはくわしい説明文を省略
一般ページに切り替える
◇サッカーシューズは2つ(硬い用・柔らかい用)を使い分ける- 【小学生用】◇

「100級」サッカー練習ドリル

100級ドリルでは、サッカーシューズという道具の大切さをしっかり理解する。

道具は正しく使わないと期待どおりの効果を発揮しない。ここでは 2つのシューズを使いわけることで「柔らかすぎるグラウンド」を攻略する。

スポンサーリンク

「100級」練習方法

100級ドリルのポイント

  1. シューズを2足用意する
  2. グラウンドの「硬い 柔らかい」でシューズを決める
  3. シューズを手入れする
  4. 買い替えるタイミングを覚える

1.シューズを2足用意する

小学生であれば1足5000円程度の固定式シューズで十分だ。ただし1足だけだと「柔らかすぎるグラウンド」に対応できないので2足用意する。

2.グラウンドの「硬い・柔らかい」でシューズを決める

2足のどちらを履く(はく)かは、自分で判断できなければならない。

前半途中で雨が降り出してグラウンドがぐちゃぐちゃになってきたなと思ったら、後半は履き替えられる判断力が必要だ。だから、

自分の足の感覚で「硬い」「柔らかい」をつかむ

参考までにシューズ履きわけの目安をあげておこう。

【柔らかい用シューズ】

  • 深い天然芝
  • 砂場のような土グラウンド
  • ドロンコの土グラウンド
  • 大雨の降った浅い天然芝
  • 雪が積もったグラウンド

【硬い用シューズ】

  • 硬い土グラウンド
  • 浅い人口芝
  • かなり浅い天然芝

3.シューズを手入れする

道具は大切に手入れすれば長持ちする。サッカーシューズにおいても同じ。

【手入れ方法】

  1. シューズについた土,泥,草をブラシで取る
  2. ぞうきんなどで汚れをふく
  3. ぬれていたら自然乾燥(かんそう)させる
  4. カンガルー,牛などの皮シューズはワックスをぬりこむ
  5. 以上

たった これだけだよ(^^ 。4がなければ練習後の1~2分で終わるはずだ。この手入れを履くたびに毎回する。

4.買い替えるタイミング・サイクルを覚える

買い替えるタイミングは、①やぶれてしまったとき、②くつ底がへって、硬くも柔らかくもない土グラウンドですべり出したとき

買い替えるタイミングは上のとおりだけど、買い替えるシューズはいつも「硬い用シューズ」。くつ底がへるのは硬いグラウンドなので、決まって「硬い用シューズ」が先にダメになるのだ。

【買い替えサイクル】

  1. 硬い用シューズがダメになる
  2. 柔らかい用シューズを硬い用シューズに変更する
  3. 柔らかい用シューズを買う
  4. 1に戻る(繰り返す)

「100級」クリア条件

2足のシューズを自分の判断で 正しく履きわけられるようになったらクリア!

一般ページに切り替える ↓ ↓(くわしく読みたい人用)

ガレドリ!100級のくわしい説明(一般ページ)に移動するバナー

(ガレドリ!100級 おしまい)

スポンサーリンク

ガレドリ!メニューに戻る