「サッカーが上手い人」とはどんな人?!

『サッカーが上手い人』とはどんな人?!の画像

このコラムを書くにあたって、「サッカーが上手い人」について ドリルおじさんは もう一度考えてみた。

そうすると、世の中の「サッカーが上手い人」といわれている定義は、とっても あいまいなものなのだと気がついた。

「メッシの切り込み方がスゴイ」だとか「クリ・ロナの足技が神すぎる」「本田選手の無回転シュートかっこいい」「マンユーの選手は速い うまい」などなど。要するに、その人その人の好き嫌いに左右されている。

試しに みなさんの監督や知り合いにでも、聞いてみてほしい。

サッカーが上手い人 とは

どのような人のことですか?

スポンサーリンク

◇『サッカーが上手い人』とはどんな人?!◇

「サッカーが上手い」と「サッカープレーが上手い」

先ほどのメッシの切り込み方がスゴイ…などは、じつは「サッカープレーが上手い」にあたる。サッカーとサッカープレーは なにが違うの?と混乱するだろうけど、

そのくらい「サッカーが上手い人」の価値観はそれぞれ。

メッシのドリブル突破は プロでも そうそう止められず、素晴らしいの一言。クリ・ロナの足技は マネをしろといわれても到底できるものじゃない。ドリルおじさんも 彼らのサッカープレーにすごく憧れる。

個人的には ネイマールのサッカープレーが好き。相手の裏をかく個人技は 観ていて気持ちがいいし、何かしてくれそうなワクワク感がある。

しかし、

ネイマールのコアなファンには怒られるかもしれないけど、、

「サッカープレー」はワクワクするが、「サッカー」に関しては…?

と感じる。※あくまで高い次元での話

※2013/06/24現在のネイマールを観て 訂正

サッカーは そもそも、なんのために戦っているか?

はい 勝つため ^^

勝って 喜ぶためです!

選手喜ぶ、選手の家族喜ぶ

そして ファンも喜ぶ。

m786jh896840

いろいろと違う意見はあるだろうけど、基本、世界のサッカーは勝つためにみんな戦っている。

ここで、ドリルおじさんなりの「サッカーが上手い人」を発表します。いや 強調して「本当にサッカーが上手い人」にしましょう! 無理やり ひねり出したものではないので、ご心配なく。

サッカーが上手い人は

サッカーに勝つためのプレーをする

スポンサーリンク

◇『サッカーが上手い人』とはどんな人?!◇

その場面その場面で 一番勝つ確率の高いプレーをする人

ドリルおじさんが「ネイマールはサッカーに関しては…?」と感じるのは例えば次のようなケース。

  • 得点確率が高いパスをあえて出さずに自分のドリブルを優先する
  • 急いで攻めるべきときでも わざと時間をかけるなどのムダなプレーが多い

※2013/06/24現在のネイマールを観て訂正。試合を決めるプレーができる選手になっている。21歳だがスゴイ!

もちろん、プロサッカーなのだから ファンあってのこと。

ネイマールのサッカープレーを観にきている人も大勢いるだろう。もう一度書くけど、ドリルおじさんも ネイマールのファンなのだ。

でもね、、

サッカーとは それ以上に「勝つこと」に魅力を感じるスポーツなのだと思う。「2‐5で負けたけど、ネイマールが2点取ったからいいか」とは ならない。

やはり、①勝つためのプレーをして、さらに ②ファンを魅了するプレーもできるのが理想だろう。

日本では このような考えはあまり根づかないけれど、世界の中の日本なのだから、そのことから目を背けてはいけないだろう。

普段から、このことを意識して練習しているのと そうでないのとでは、結果が大きく違うはずなのだ。

勝つための イメージトレーニングをしよう

勝つための 準備をしよう

勝つための 走りをしよう

勝つ確率の高い 練習をしよう

勝つ確率の高い パスを出そう

勝つ確率の高い シュートを打とう

勝つ確率の高い 守備をしよう

勝つ確率の高い 声がけをしよう

そして、

きみが試合に出たら 勝てる!

そう言われる選手になろう

ただし、勝ち負けにこだわると あるトリックに引っかかるので注意が必要。コラム「勝負にこだわる子はサッカーがうまくなる反面、ある事が下手になる」も参考にしてほしい。

最後に: 試合に勝てるサッカー選手をめざして

674rjk77770

試合に勝てる(チームを勝たせられる)サッカー選手になるためには、その準備として たくさんのことをしなければならない。そのための「ガレドリ!」を紹介しよう。

もちろん、このドリルの どのページを見ても無料このドリルは 訓練すれば誰でもサッカー技術が向上するし、そういうものが本当のノウハウだと、ドリルおじさんは考えている。

下のコラムで 詳しく紹介するけれど、ドリルおじさんの「ドリル」は 次の5スキルから構成されている。

少年少女のみなさんへ!本当にサッカーが上手くなる5スキル

  1. 個人のボールコントロールスキル
  2. 対人のボールコントロールスキル
  3. 自分エリアのサッカースキル
  4. 全体エリアのサッカースキル
  5. フィジカル・メンタルスキル

さて、この5スキルのなかに つかみどころのないスキル(自分エリアのサッカースキル)と、練習が苦痛なスキル(個人のボールコントロールスキル)が 存在している。

勉強でもそうだけど、国語・数学・理科・社会・英語の5教科すべてが好きという人は あまりいない。

それはサッカーでも同じで、そして 罠(わな)なのだけど、本当にサッカーが上手くなりたいと思うのなら、1 2 3 4 5の5スキルすべてをクリアしてほしい。

「ガレドリ!の課題を全クリアして、将来は日本代表になろう!」

→ ガレドリ!しよう

関連するコラム:

(おしまい)

スポンサーリンク