サッカーフェイントが格段に上手くなる話

サッカーフェイントが格段に上手くなる話の画像

いきなりだけど、写真の黒猫ちゃんは 一体なにを考えているだろうか?

ドリルおじさんには さっぱり黒猫ちゃんの気持ちがつかめない。

愛する子猫ちゃんの帰りを待ってるようにも見えるし、遠くをぼんやり眺めて何も考えていないようにも見える。「そもそも そのハートマークはなんだ?」と混乱してしまう。

だから、この黒猫ちゃんの次の行動も ドリルおじさんには予測がつかない。きっと予想外の行動をされて 面食らうことだろう。

フェイント ≒ 相手を惑(まど)わせるための動作、相手の意表をつく行動

サッカーでは少し狭い意味で使う人もいるけれど、ドリブルで相手を抜くことだけがフェイントなのではない。

「サッカーで相手の意表をつく すべてのプレー」のことを、『フェイントをかけるプレー』というのだ。

ドリルおじさんが考える サッカーフェイントを思いつくだけ書こう。

  • 蹴ろうと思ったけど 蹴らない
  • 触ろうとしたけど スルーした
  • 抜くと見せかけて やっぱりパスにした
  • シュートのフリで相手選手を十分引きつけてから ラストパスした
  • キーパーにバックパスしようとしたけど止めた
  • 左にハタこうとしたけど 右にドリブルした
  • ヘディングでクリアするフリをして、胸トラップした
  • チームが疲れてるので 反則を受けて痛いフリした
  • マークをはずすため、いったん消えた、そして現れた
  • 相手を抜きにいって 予想を上回る抜き技で抜いた
  • パスを出すとき、頭上を越えるループパスに変更して出した
  • スローインで いったん逆ダッシュして フリーになってからパスを受けた
  • 後半替えられたくないので、ムリして走った (監督をフェイント)
  • コーナーキックで手を上げて合図するけど、そもそも もらう気はない
  • マジ走りでオーバーラップしている味方を オトリに使う
  • 誰もがパスと思う場面で モーション途中からトーキックシュートにかえた

あげ出したらキリがなくなってきた。。みんなが想像した「フェイント」と比較して どうだっただろうか。

なかには「チームが疲れてるので 反則を受けて痛いフリをした」などの、あまり褒(ほ)められないフェイントも含まれているけれど・・笑、これらは サッカーフェイントの常識なのだ。

さて、リストアップした十数個のフェイントのなかで、赤文字になって目立つ項目があるだろう。「相手を抜きにいって 予想を上回る抜き技で抜いた」ね。

じつは これが世間一般にいわれている

サッカーフェイントが上手い にあたる

世間一般のソレは、数あるサッカーフェイントの ごく一部でしかない。

サッカーがシビれるほど上手い人というのは、上のリストのような ありとあらゆるフェイントを使って相手選手を惑わし続けるのだ。

このコラムでは「サッカーフェイント」の本質を理解していくので、具体的なドリブル突破について興味がある人は、下のコラムも参考にしてほしい。

スポンサーリンク

【目次】

  1. ドリブルフェイント前のフェイント
  2. バスケットボールのフェイントを学ぼう
  3. 相手の予測を裏切る上回る、だからサッカーは楽しい
◇サッカーフェイントが格段に上手くなる話◇

1.ドリブルフェイント前のフェイント

先ほどの赤文字「相手を抜きにいって 予想を上回る抜き技で抜いた」、これ自体は とてもスゴイ!スキルだ。

相手に「今から抜きますよ」と宣言して 抜けるのは十分スゴイ。

けれども、サッカーは相手を抜いたところで 1点もくれないスポーツ。抜き技は 得点を取るための一手段でしかない。

だからドリルおじさんは思う。「今から抜きますよ」と、相手に伝える必要は まったくないと。

相手に それが伝わった時点で、もうその「フェイント」は下手なのだ。残念なことに、、抜き技に自信ある人ほど「これから抜きます」タイプが多い。

さっきの黒猫ちゃんを思い出そう。

黒猫ちゃんの画像

次の行動が読めない・読ませないのがフェイントの最高峰。

常に 2つ以上の選択肢を相手に見せ続ける

すべての場面で コレを意識してほしい。

慣れてくると、どんな場面でも 3つくらいの選択肢を持てるようになる。その2つ3つの持ち札から、一番相手の予想していない手を打つのだ。

「相手を抜きにいって予想を上回る抜き技で抜いた」のケースでは「相手を抜きにいって…」ではなく「パスコースも用意し惑わせて…」より良いほうを選ぶ。

常に選択肢を2つ!

ボクサーは 右のストレートを一発打ちたいがために、左のジャブを10発打っている。右ストレートだけを打ち続けても 相手の防御が堅(かた)くなるだけ。

スポンサーリンク

◇サッカーフェイントが格段に上手くなる話◇

2.バスケットボールのフェイントを学ぼう

ココまでの話で、ドリルおじさんは特別なことを言っていない。

これらのフェイントは、ほかのスポーツでも当たりまえに おこなわれているし、けっして先進的なスキルじゃない。

野球、ボクシング、ラグビー、テニス、バスケットボール、バドミントンなどの対戦型スポーツでは、フェイントのないスポーツは存在しないのだ。

つまり、

対戦型スポーツの大半が 相手にフェイントをかけることで成立している。

サッカーより 進んでいる競技「バスケットボール」を真似る

バスケットボールには、サッカーよりも 進んでいるスキルがある。

その1つが「フェイントの上手さ」だ。バスケを一言で表現するなら「だまし合い」。狭いコート内で、相手の裏をかくプレーをし続けなければならない。

  • マーク外し フェイント
  • パス・シュート フェイント
  • 走る・止まる フェイント
  • ノールックフェイント (見ないでプレーする)
  • 掛け声 フェイント

これらは、どれをとっても サッカーのソレよりレベルが高い。

だから バスケをやっている子というのは、サッカーをさせると独特の動き方をするもの。要所要所で バスケでは当たりまえのフェイントをかけてるのだ。

このスキルは特別高度なものではない。何度も書くけれど、バスケットボールでは当たりまえなのだから。

よって、本来は 誰でも習得可能なスキルといえるだろう。そんな簡単で役に立つスキルなら、ぜひ習得してしまおう。

  1. 一年ほど バスケ部に入部してみる
  2. ユーチューブで バスケの試合を見続ける

1つ目は ちょっと大げさだけど、クラブチームと小・中学校の部活をカケモチできるなら 効果は絶大だろう。

実際のところ、2つ目が現実的な選択になるだろう。でも ドリルおじさんは これでも十分だと考えている。

プロバスケだと、小・中学生には ややリアリティーさに欠けるので、

高校生ぐらいのお兄さんがやっている試合を探そう。「全国高等学校バスケットボール」で動画検索すれば たくさん出でくるはず。

参考にするポイントは2つだけでいい

  • ボールを持っている人どんなフェイントをしかけているか
  • ボールを持っていない人どんなフェイントをしかけているか

バスケの動画を観れば わかるだろうけど、どんなに上手いドリブラーでも 無理やり 一人で抜いていくことはしないもの。

そして、イザというときに その切り札を切って、味方を上手く利用しながらドリブル突破するのだ。

きっと、サッカーに役立つフェイントを発見できるだろう。

◇サッカーフェイントが格段に上手くなる話◇

3.相手の予測を裏切る、上回る。だからサッカーは楽しい!

バスケットボールの例からも わかるとおり、サッカーは カケヒキ(駆け引き)のスポーツに属している。

だから、フェイントを巧(たく)みに使って『相手の裏をかき続けること』を考えるのだ。それこそが サッカーの醍醐味(だいごみ)。

得点を決めるためのフェイントなら 味方さえ だましていい

フェイントというのは、本来は相手を惑わせるためのモノ。でも、じつは同時に味方も惑わせてしまうことが多い。

それがサインプレーなど あらかじめ決まったものでない限り、仕方のないことだと、ドリルおじさんは思う。

昔からスーパースターというのは、チームメイトの想像さえ超えたフェイントプレーを繰り出してきた。それが 勝ちにつながるフェイントなら みんな賞賛するのだ、

フェンタジスタ!とね。

(おしまい)

スポンサーリンク

よく読まれている関連コラムです!

ガレドリ!の課題を全クリアして、将来は日本代表になろう!

→ ガレドリ!しよう